ケビン・デュラント、カイリー・アービングが抗議の中でトレード要求を擁護

オールスターウィークエンドの記者会見で、ケビン・デュラント とカイリー・アーヴィング どちらも、トレードの要求は NBA にとって良くないという批判に応えた、と ESPN のデイブ・マクメナミンは書いている。

デュラントとアーヴィングは 2月が始まったときのネッツのチームメイトだったが、彼らが数日間隔で発行した要求は、トレード期限の前にリーグを震撼させた。 アーヴィングは マーベリックス、そしてデュラントは ウェスタン カンファレンスのプレーオフ レースを再構築した個別の取引でのサンズ。

非常に多くのスター プレーヤーが移動を要求すると安定性が低下しますが、デュラントは、トレードによって引き起こされるファンの関心は最終的にはポジティブなものであると考えています。

「リーグにとって悪いことだとは思わない」 彼は言った。 「リーグにより多くの注目を集めています。 より多くの人々がより興奮しています。 私が得るつぶやき。 私が取引され、カイリーが取引されたというニュースヒット。 それはリーグにより多くの注目を集めるだけであり、それはあなたがより多くの注目を集めたときに本当にお金を稼ぐものです. だから、正直に言うと、リーグにとって素晴らしいことだと思う」

デュラントも昨年の夏にトレードを要求したが、ブルックリンが受け入れられるオファーを見つけることができなかったため、トレーニングキャンプの前にその要求を取り消した. アービングは昨年6月に退団も検討したが、現在のサラリーで彼の代わりを引き受けてくれるチームが不足していることに気づき、選手オプションを選択してネッツに留まることに決めた。

アーヴィングは土曜、彼とデュラントは彼らのキャリアにとって最善の動きをしているだけだと説明した。

「なぜ誰も取引を要求する能力を持っていないのですか? それが私の質問です」 アーヴィングは言った。 「自分自身、そして自分の幸せと心の平安のために、大きなビジネス上の決断を下すのが恐ろしくなったのはいつですか? すべての雇用主と仲良くできるわけではないので、別の場所に行く機会があり、合法的にそれを行っているのであれば、問題はないと思います。」

マクメナミンは、NBAスターの長いリストが近年トレードを要求していることを指摘しています。 ジミー・バトラー、アンソニー・デイヴィス、 ポール・ジョージ、ラッセル・ウェストブルック そしてジェームズ・ハーデン。 デュラントは、その傾向を選手のエンパワーメントのポジティブな結果の 1 つと見なしています。

「チームは長い間、選手のトレードや買収を行ってきました。 彼は言った。 「選手が自由に行きたい場所を指図して、フリーエージェンシーを去り、トレードを要求できるようになった今、それはゲームの一部にすぎません。 だから悪いことだとは思いません。 ゲームにますます興奮をもたらしています。」

コメントする