日本の投手が世界野球での HBP の後にチェコの OF キャンディーをプレゼント

ワールド・ベースボール・クラシックで時速101マイルの速球で彼を膝に釘付けにした2日後の月曜日の朝、日本の佐々木呂希投手はチェコ共和国の外野手ウィリアム・エスカラに2つの巨大なキャンディーの袋をプレゼントした.

日本代表の佐々木呂希投手は、ピッチャーを打ったお詫びとして、チェコ代表のウィリアム・エスカラ選手に巨大なキャンディーの入った袋を2つプレゼントした。

あなたは愛さなければならない #WorldBaseballClassic. https://t.co/WDqQBtUiFD

— ワールド ベースボール クラシック (@WBCBaseball) 2023 年 3 月 13 日

AP通信とESPNの報道によると、2つのバッグには日本のキャンディーが入っており、2人の選手は東京のチェコチームのホテルの外で会い、佐々木もエスカラのボールにサインした. 報告によると、苦いものを打った後に贈り物をするのは日本の伝統です.

報告書によると、エスカラ氏は「彼は私にいくつかのお菓子やさまざまなキャンディーなどをくれた. 「それから私は彼に、私の思い出としてボールにサインをしてもらえないかと尋ねました。私が保持するものです。とてもクールです。私が大切にし、決して忘れないものです。」

21 歳の佐々木は、おそらく日本で次のピッチング界の天才として登場するだろう。 彼は土曜日の夜に行われた WBC デビュー戦で、チェコ共和国に対して 10 対 2 で勝利し、準々決勝に進出しました。 報告によると、佐々木は66球で時速100マイルを21回打ち、3 2/3イニングで8三振と2四球で2安打1自責点を許した後、勝利を収めた。

佐々木は、MLB スターの大谷翔平とダルビッシュ有を含む日本チームのローテーションの一部です。

彼は 2022 年 4 月に日本のメジャー リーグ史上 16 番目のパーフェクト ゲームを記録し、宝石で 19 回の三振を奪いました。 佐々木は昨シーズン、パシフィック リーグの千葉ロッテマリーンズで 129 と 1/3 イニングを投げ、防御率 2.02、173 奪三振で 9 勝 2 敗でした。

チェコのパベル・チャディム監督は MLB.com に対し、佐々木のジェスチャーは「野球は単なる戦争やビジネスではなく、紳士のスポーツ」であることを思い出させ、謝罪は「心温まるものであり、私たちの心を動かした」と語った。

日本はグループ B で 4 対 0 で勝利し、水曜日の WBC 準々決勝でイタリアと対戦します。

コメントする