元CSKAチーフのヤロヴィンスキー:ゴロビンはチェルシーよりもモナコを選んだ

元 CSKA モスクワのスポーツ チーフであるオレグ ヤロヴィンスキーは、アレクサンドル ゴロビンが AS モナコへのプレミア リーグのオファーを拒否したことを思い出しました。

ゴロビンは2018年にCSKAからモナコに移籍。

ヤロヴィンスキーは思い出した スポーツエクスプレス:「アーセナル、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドが彼を欲しがっていた。

「理屈ではなく感情に導かれるなら、もし私がサーシャだったら、チェルシーに行くだろう。またはプレミアリーグの他のクラブに行くだろう。魔法のサッカーの雰囲気のためだ。フランスでは、これは近いことではない.

「そして、モナコがホームで試合を行うスタッド・ルイ2世は、全体的に悲しく感じます。円柱と無人のスタンドがあり、ノヴォロシースクの古いアリーナに似ています。

「感情はさておき、彼と彼のエージェントはすべてを正しく行った。イングランドでは、サーシャにとってもっと難しいだろう。誰も成長する時間を与えてくれない。ヨーロッパのサッカーと西側での生活に適応するという点で、モナコは最良の選択肢だ」 .”

コメントする